Last Song Latest

「ラスト・ソング」のその後

紳士&淑女はパーティーがお好き?

昭和時代、海外生活のエッセイ本が流行した。

ご主人の仕事などで欧米に渡った女性たちが、異文化の中での暮らしについて語った本に、多くの日本人が引き付けられた。そこに描かれる欧米は、古いもの、美しいものを大切にし、生活様式も洗練されていて、いつか自分もこのような暮らしを体験してみたいものだと思ったものだ。

 

「大人の国イギリスと子どもの国日本」「ひ弱な男とフワフワした女の国日本」「ゆとりの国イギリスと成金の国日本」…、まあよくこんなに自国民を貶めるような…と思うタイトルの本が売れていた。

高度成長を遂げ、先進国の仲間入りをしたものの今ひとつ自信が持てなかった、そんな当時の日本人の反省材料として受け入れられたのかもしれない。

 

今思うと、これらの本を書いたのは、戦後に外国で「暮らす」ことができ、さらに売れることを見込んでそれなりの文章を書くことができたのだから、かなり特殊な人たちだったのだろう。つまり描かれる世界も、一般欧米人のものではなく、特権階級の生活だったのだ。

 

生活までとは言わずとも、自分の目で外国を見てみると、そのような本では脇に押しやられたような普通の人たち、さらにはそれ以下の生活をしている人たちがいて、決して外国人が「大人」で「ゆとりがある」わけではないことも分かってきた。

 

方向音痴の私は移民街の真ん中で道に迷ったこともあったし、路上で眠る人もたくさん目にした。どこへ行ってもテレビを必ず見る私は、言葉が分からなくとも、どの国もそれほど良いことばかりではなさそうなことが理解できるようになった。

 

クローリー伯爵だって、カメラのまわっていないところでは音を立てて鼻をかみ、廊下ではメイドに故意に接触し、部屋にはゴミを散らかしていたかもしれない。貴族イコール品行方正とは限らない。

 

イギリスでは、ロックダウンされているのに毎日5〜6万人もの新型コロナウイルス感染者が出ているニュースを聞く。変異種も発見されて、ロックダウンをすり抜ける感染力とはどんなものだろうと議論の的になっている。

でも、私はこのニュースに懐疑的だ。

 

テレビ画面には、店を閉じたロンドンの街が連日、映し出される。

が、これらはリージェントストリート、オックスフォードストリート、ピカデリーサーカスと呼ばれる、日本で言えば銀座や渋谷のような街で、大型の有名店が軒を並べているところ。従来であれば観光客、かつては「英国貴族」がお買い物をしたところばかりだ。暮らすための街ではない。

 

全くの私見になるけれど、住宅街にある小さな食料品店やパブなどは営業中で、そこには普通の人たちや仕事をなくした移民たちが、ひょっとしたら集ってビールを飲みながら長い1日を過ごしているのではないだろうか?

 

クリスマスには親戚、友人集まってパーティーを催したであろうことは、容易に想像がつく。レディーズ・アンド・ジェントルメンはパーティーが大っ好きなのだ。

 

そもそもイギリスの建物は風通し悪くできている。マスクだって、電車やスーパーの中ではしていても、それ以外ではどうだか。

 

また、変異種が「発見」されたのはイギリスだが、これはイギリスでは検査が特に綿密になされていたからで、発生源はイギリスとは限らない。なので、イギリスだけ鎖国をしても封じ込めることにはならない。

 

さらに、イギリスの変異種の感染性が従来の株より70%高い “とされている” というニュース。

従来種と変異種を同数、箱に入れて、その箱にヒトを入れて感染性を調べた…わけでは決してない。

単に現在の罹患者数から割り出した再生産数が7割高かっただけの話と思われる。

たとえば、パブやら自宅やらで集って飲んでいる人たちの間でそのような株が広まれば、再生産数は一気に跳ね上がる。

 

第一波では大人しくおうちにいた日本人たちでさえ、今回は、のこのこ歩き回っている。レオタード屋のバーゲンは盛況だった。何で知っているかって?私も参加したからだ 。

 

外国人だって同じこと。規制がどんなに厳しくても網の目をくぐり抜けてどこかで移しあっているのではないか?

そんなことを考えてしまう。

 

確かにウイルスの感染性も上がっているのかもしれない。

でもテレビのニュースを前にしてぶるぶる震える前に、ちょっと想像をめぐらせて我が身を顧みるのもアリかも。

(ごめんなさい。もうバーゲン行きません m(_ _)m)

欧米の方たちは、「皆がマスクを進んでする日本でも蔓延する、マスクをすり抜ける株」を恐れているかもしれない。

f:id:auntmee:20210116100834j:plain

喉のマクロファージを活性化させると言われるニッキ飴。